FAQ: 心理職の求人と研修

Q: 心理職をしています。研修や採用面接を受けられますか?


A: はい、可能です。

ただ、当クリニックは現実的な観点から以下のように考えていますので、見学や研修を受けるところから始められることをおすすめします。

● 心理職のお仕事は大きく分けて2つの種類がある。

概略だけ述べると、

1. 障がいのある方ややり場のない気持ちや時間を支える仕事。

2. 気持ちの安定を図ったうえで、生活力を拡大することを助ける仕事。

 このちがいを明示的に教わっている心理職の方はとても少ないと思います。感覚的にそうだと思っていても、指導や検討・議論の場で、言葉で厳に現実の仕事でできる範囲として考えたり教わっている人が少ないことはとても驚きです。この理由は、「こころ」を扱う仕事の落とし穴だと思いますが、そのお話は別の機会にします。

当クリニックの目的や得意なことの中核は2 . にあるため、平均的な教育・指導・臨床を行ってきた方にはとてもハードルが高いものとなっています。ですが、自分の見てこなかった現実や自分だけでは気づけなかい(ですが独自の)資質に目を向け、結果として 1. と 2. の違いを踏まえた臨床ができるようになれば、うそぶいたり駆け引きしたりせずに自分も組織もクライエントも納得できる仕事をする機会が増えると思います。

見学・研修・求人の情報は後日掲載していきます。